メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯になったら

残念ながら虫歯ができてしまい歯に穴が空いてしまうと、それが自然に治ることは絶対になくて、そのままにしておくとどんどん悪化してしまうことは間違いありません。

歯医者さんが嫌いで、虫歯になっても我慢するという人も中にはいますが、そうなると長く痛みと戦いながら、最終的には歯を失うことになってしまうでしょう。

歯というのは他の人間の臓器などにも影響を与えると言われていて、たかが虫歯でも最悪命に関わることもあるので、虫歯ができたらすぐに歯医者さんに行くようにしましょう。


早期に虫歯を治療すれば、痛い思いをする可能性も低くなり、まだそれほど進行していない場合は、削らなくても治療できる場合もあります。

もちろん虫歯が進行するほど治療にかかる費用も高く時間も長くなり、学業や仕事にも大きな影響を与えてしまう可能性が高くなります。


また以前は虫歯は小さいうちに削って治すのがいいのだと考えられていましたが、いろいろな研究が行われた結果、適切な予防、すなわち歯磨きやフッ化物の利用を行えば、進行を止められる虫歯だと、削らずに様子を見たほうが歯が長持ちするということも今では分かってきています。

現在では早期発見、早期治療ではなく、早期発見、早期予防と常識も変わってきており、医療の進歩と共に虫歯の治療法もどんどん進化してきています。

とにかく虫歯になったら一刻も早く歯科医院に行くことが大切で、その前にできる限り虫歯にならない予防を心がけるようにしましょう。