メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医師になるには

最近では歯科医院が増えてきており、歯科医院同士の競争も激化していると言われていて、自分で歯科医院を開業しても大変だと言われることも多くなりましたが、歯科医師になれば他の仕事に比べるとかなり高い収入を得られる可能性が高いことも確かなことで、開業をしなくても勤務医として働いても十分な収入を得ることができるようになっています。


歯科医師になるには、歯科大学か大学の歯学部に通うことが必要で、歯科医師になるには大学で6年間勉強をしなければいけません。

6年間大学に通うということで、その分歯科医師になるには学費も多くかかることになりますが、国公立の大学ではなく、私立の大学に行く場合は、学校によっても学費は異なりますが、平均すると6年間で3000万円弱の学費がかかると言われています。

入学金も30万円から100万円と他の学部に比べてかなり高額で、初年度の納入費用は1000万円かかることも一般的だとされています。


私立に比べて国公立の場合は、入学金も合わせて6年間で学費は350万円程度と言われているので、本当にお金持ちの子供でなければ、私立の大学へ行くことはかなり難しいとされています。

もちろん上記で述べた金額は学費や入学金だけで、その他にも教材費や生活費もかかることになるので、歯科医師になってから高収入を得られるのはある意味当たり前かもしれません。

また歯科医師になるには歯科医師の国家試験に合格しなければいけないので、お金さえあれば誰でも歯科医師になれるとも限りません。